専門業者が行なう鳩への対策│スムーズに迅速に対応してくれる

目に見えないダニを撃退

ダニ

高温多湿を避ける

目には見えないほど小さな体でどこにでも存在しているダニ。ダニに刺されることでかゆみがでたり、その死骸やフンを吸い込むことでアレルギー症状を引き起こしたりと、被害を受けてしまうことがあります。ダニにもさまざまな種類がいますが、室内にいるダニの中で7割程度の割合を占めているのがヒョウヒダニです。このヒョウヒダニは、ホコリや人間のフケやアカなどをエサとして、カーペットや布団の中に多く発生し、気温が20℃から30℃、湿度が60%以上という高温多湿の場所を好みます。そのため、ダニ駆除をするにはまず、高温多湿という環境をつくらないようにすることが大切です。こまめに換気をして、湿気をためないことがダニの繁殖を防ぎ、ダニ駆除につながります。

対策は万全に

ダニ駆除には、高温多湿な環境を避けることが大切です。そのために、部屋全体の換気をすることも大事ですが、カーペットや布団にすでに生息しているダニを直接退治する必要があります。ダニは50℃以上の熱には弱いので、スチームアイロンなどをかけると死滅させることができます。また布団乾燥機を使うことで湿気をなくすことも効果的です。そして、熱や乾燥によって死滅したダニを掃除機で取り除けばダニ駆除は出来てしまいます。市販の駆除剤などを使用した際も、最後は仕上げに掃除機で取り除く作業が鍵となります。死滅させたところで卵やフンはまだ残ってしまっているので、この状態ではアレルギー症状の原因となってしまいます。それを防ぐために、死骸やフンを取り除く作業を忘れないことです。