専門業者が行なう鳩への対策│スムーズに迅速に対応してくれる

痒みが酷い

主婦

真夜中に活動する

南京虫は夜行性の昆虫でカメムシの仲間になります。活発に活動するのは深夜が多く、刺されると強い痒みをおこします。南京虫は集団で生息して、家具やベットなど様々な隙間で潜んでいます。噛まれた場合は赤い湿疹や水泡のようなものができて、痒みを伴います。また、敏感な肌の人では、蕁麻疹のような症状や貧血などや、無意識のうちに掻きこわし出血などといった事もあります。南京虫駆除では、繁殖力がとても強いので早い段階での駆除が重要になります。メスは大体5個の卵を産み落とします。この卵は温度にもよりますが5日でふ化して40日で成虫になります。成虫になると寿命が長いのが特徴になります。南京虫の栄養源は血液のみなので注意しましょう。このことから南京虫駆除は大事になります。

成虫寿命が長い

南京虫駆除では掃除機による吸引や熱風や高温の蒸気は有効になります。また、エアゾールも有効です。南京虫駆除では潜んでいる場所への直接的な噴霧や吸引などが必要になります。数が少ないうちでは分かりにくいのですが、数が多くなると黒っぽい小さい糞が見られるようになります。最近では市販のエアゾールなどに抵抗力をもつものも確認されています。この場合では広がりを防ぐために南京虫駆除業者にお願いすることも必要かもしれません。現代の生活環境はエアコンなどの普及で冬でも活動をし、増殖をします。一匹のメスは毎日、5個の卵を産み続け、一生で500もの卵を産みます。人の血液でもペットの血液でもすべてが栄養源となりますので注意しましょう。